どんまいアングラーのSkagit Report !!

Skagit Castの釣りにハマってから早8年が経ちました。

ブルーベリーの収穫始まりました♪

梅に引き続きブルーベリーの収穫が始まりました。

ブルーベリーは、完全に趣味の域を超えてまして…
マニアです(^^;

イメージ 1

  

ブルーベリーはこのままにしているとほとんど鳥に食べられてしまいますので、
ネットで防御します。

イメージ 2


これでもかなりの数減らしましたが、多いときは、
30品種50本程の鉢がありました。

イメージ 8


現在は、厳選された10数品種のみ残してます。

私が育てているブルーベリーは、
北部ハイブッシュ系
■エリザベス
■スパルタン
■エチョータ
■チャンドラー
■カーラズチョイス
■ハナーズチョイス
■カロラインブルー

南部ハイブッシュ系
■オニール
■エメラルド
■ブラッデン
サファイア

ラビットアイ系
■オクラッカニ
■アイラ
■オノ
■ウィトゥ

このうち、北部ハイブッシュで美味しかったスパルタンとエチョータは、
コガネムシの被害にあい、今年、枯れてしまいました。

この2品種は美味しいのですが、栽培が難しいです。
ラビットアイ、パテント品種以外は、ほとんどが接ぎ木苗です。

収穫の時期が早いのは、南部ハイブッシュ系です。

エメラルド:

イメージ 3

実が大きく1円玉くらいの大きさになります。
酸味が少ないため、食べ易いです。
今まであまり美味しいと思わなかったですが、
今年で苗木が5年苗になり、実付も良くなってきました。
比較的最近の品種ですが、フロリダ州の主力品種になっている
ことから考え、比較的上部で安定した収穫が望める品種に
なると思います。



ブラッデン:

イメージ 4


中粒なのですが、独特の風味とパリッとした表皮の
固さが特徴です。日持ちします。


サファイア

イメージ 5


南部ハイブッシュ系の中では、非常に甘く美味しいです。
個人的にはオニールとほぼ同等の美味しさですが、樹が今一弱そうです。


チャンドラー:

イメージ 6


北部ハイブッシュ系のチャンドラーも色づき始めました。
50円玉くらいの大きさになったチャンドラーです。
チャンドラーは、ブルーベリーの中では最大級の大きさで
大きいものは、500円玉くらいの大きさになります。

収穫ちょっと早かったかな?(^^;
まだ酸っぱかったです。

ブルーベリーは、追熟しない果物です。
しかも日持ちしません。

本当に美味しいブルーベリーを食べるためには、
自分で栽培し、自分で収穫するしかないです。

味の良さでは、スパルタンやエチョータが人気のある品種ですが、
栽培がやや難しいです。

スパルタンやエチョータの人気があるのは、酸味が少ないため、
収穫がやや早くても美味しく食べられるからだと思います。

ブルーベリーフリークの中では、エリザベスやコビル、コリンズといった
品種が人気です。
この品種は、酸味が強いのが特徴で、収穫時期を間違えると、
酸っぱさで身震いするほどです。

しかし、この酸味に甘味が増し、一番熟した状態で食べるこの
品種は、びっくりするほど風味が良く濃厚な甘さになります。

この時期の見極めが非常に難しいです。
禍根まで紫色になって、1週間樹で追熟させることで、美味しいブルーベリーに
なります。

ブルーベリー狩りでもこれらの品種を食べれるところもありますが、
完熟する前に採られてしまい、本当に美味しいブルーベリーを
味わうことが出来ません。

我が家の主力品種、ウィトゥは、500gパック10個分ほど収穫出来ます。

イメージ 7


ラビットアイ系は、7月以降は収穫期です。


にほんブログ村に参加してます。
バナークリックご協力お願いしますm(_ _)m

PVアクセスランキング にほんブログ村→PVランキングにも参画中♪