どんまいアングラーのSkagit Report !!

Skagit Castの釣りにハマってから早8年が経ちました。

2018年 スチールヘッド釣行 3日目

5日間の釣行日程のちょうど真ん中です。

折り返し地点に来て若干の焦りが…

本日はモーターボートでの釣りでは行くことが出来なかった下流地点をラフティングボートで釣り下ることになりました。

スキーナは今年は雪が多く、例年の2週間遅れの天候だそうで、普通であればガイドフィッシングが出来るような状況ではありません。

仲野さんとガイドのトッドさんに尽力して頂き、ようやく釣りが出来るようにして頂きました。

今回行くポイントは有名ポイントですがまだ今年は誰も入っていないポイントとのことです。

トッドさんや仲野さんに恩返しする上でも何とか一匹釣らないと…

本日は2箇所のポイントを攻めます。

スキーナとっておきにポイントです。

2箇所と言っても1箇所が非常に大きいので丁寧に釣り下がってもかなり時間を要します!

まずは最初のポイントから…
3時間ほどかけてじっくりと釣り下がりますが私は魚の反応はありませんでした。

イメージ 6



同行者のNavyさんは一匹スチールらしい当たりがあったとのことです。

スチールヘッドを釣り上げるためには天気、水量、どこまで遡上しているか?を知る必要があります。

今年はまだ誰もガイドフィッシングはしていないため魚は擦れてはいませんが、どこで魚が釣れているか?という情報も入って来ないです。

次のポイントです
大本命のポイント到着♪

イメージ 7


さて♪

Navyさんが前から、私が後ろから釣り下がります!
トッドさんがここには必ず魚がいると断言しましたので気合が入ります。

開始20分ほどで私にスキーナ初ヒットがありました!
写真は撮影して来ませんでしたが^ ^

50cmほどのドリーバーデンです
ドリバーデンは航海型のオショロコマです。
綺麗な色でした。

何度かドリーバーデンのようなあたりがあった直後のことでした。

ジジジ♪ジジジ♪ってリールの回転オンがなります。

「あれ?またドリーバーデンかな?」
明らかに重さが違うので、慌ててガイドを呼びます。

かなり遠くにガイドのトッドさんがいらっしゃったのでこのベアホイッスルでガイドさんに気づいてもらいます

イメージ 5



2、3回走られましたがそれほど大きな動きが無かったためドリーバーデンか半信半疑でした。

ガイドのトッドさんが!スティーリーと叫びます。

来た!絶対に離さんぞ!とは思いましたがすごく冷静でした。

今回、リールはハーディー パーフェクトの3 7/8 サイズ♪を使いました。
昨年はニジマスに走られた際、パーミング動作に自信が無かったためドラグ付きのビルバラン スチールヘッドリールを使ってます。

パーフェクトの場合、魚が走った時にはリールをパーミングする必要があります。

昨年の60cm位のスチールヘッドよりも軽く感じます。
早々に浅瀬に魚をコントロールしたため、魚が反転できないようになってます。

小さいかな?

何度かトッドさんに取り込む際の指示を仰ぎながら冷静にネットイン^ ^

やった!!

ガイドのトッドさんとこぶしでタッチして喜びを分かち合います。

そして魚体見てびっくりでした。

ネットの内径は90cmですので90cm弱のメスのスチールヘッドでした。

イメージ 1



イメージ 2



これで当初の目標のサイズアップの目的は果たしました♪

このから一気に確変モードに入ります。
まずは私の上で入川している仲野さんがゲット♪

イメージ 3



最後かなりのプレッシャーだと思いますがWさんも見事にゲット!

イメージ 4




何と3人に一匹ずつスチールヘッドを釣ることが出来、よかったです^ ^
仲野さん トッドさん Navyさんありがとうございます!
本当に来て良かった(><)

明日も同じポイントです^ ^


にほんブログ村に参加してます。バナークリックご協力お願いしますm(_ _)m

イメージ 12 ←にほんブログ村 フライフィッシング


PVアクセスランキング にほんブログ村→PVランキングにも参画中♪